2011年12月18日

工員矢野武

「一年経つのはあっという間だねー」とか言うのは考えてみれば当たり前のことではないかと思うのです。

その一言を口から発しているわずか一瞬の間に一年間という時間を圧縮して追体験しているから、あっという間に感じるのであって、
一年のできごとを一年間をかけて思い出せば、あっという間なんて言えないはずです。

この理屈で言えば幕末から現在までも刹那のことであるし、この先太陽が赤色巨星になって地球を飲み込むまでもカミングスーンなのです。


posted by 幽谷マサシ at 23:51| 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。