2012年02月05日

俺があいつであいつが信長で信長がUSBメモリで

もう学校生活から遠ざかって何年になるかすら思い出せないのでありますが、
よく漫画でもアニメでも、実写ドラマでもたまにあると思うんですけど、


転校生がある日やってきて、朝のホームルームで自己紹介して、
先生が「じゃあ、○○君の席は……お、△△の隣が空いてるからあそこだな!」
とか言って、主人公の隣に座らされるっていう定番のあれ。


無人の席って、転校生が来るまでのあいだずっと教室にあるものでしたっけ?
いま在籍してる生徒の数しか席ってなかったような気がするんですけど。


一日の授業が終わって、掃除当番が掃除するために最後、
机と椅子を教室の後ろにがーーーって下げるわけですけど、
無人の席なんかあったら誰がそれを下げるねんって話になると思うし、

たぶん“いずれくるかも知れない転校生用の席”は
常時なかったような気がするんですけど、どうだったんですかね。


こないだ読んだ漫画では、転校生が来るから
わざわざ教室に新しい机と椅子が用意されている、というシーンが
あったので、その作品は腑に落ちたんですけどね。


posted by 幽谷マサシ at 20:51| 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。