2013年07月22日

90年代を懐かしむ

和民の落選を祈って昨日遅くまで起きていたあとに見た夢の内容。

居酒屋で大学の頃の仲間と佐々木健介とで飲み会をしていた。
ふととなりの座敷を見ると、外国人が飲んでいたのだが、髪型が芸人の鉄拳のようなダブルのモヒカンスタイル。

ひょっとして、元ロード・ウォーリアーズにして、元ヘルレイザーズのホーク・ウォーリアーちゃうか?

「ホーク! ホーク!」とぼくは呼び掛け、
「ケンスキー、ディスイズ ケンスキー・ササキ!」と佐々木健介、またの名をヘルレイザーズのパワー・ウォーリアーを紹介した。

健介に気付いたホークは目を丸くして健介に歩みより、満面の笑みで固くシェイクハンド、続いて熱く抱擁。
健介も「ホーク、久しぶりだなあ」といつものニコニコ顔。

二人を再会させたぼくも嬉しかった。
そして佐々木健介によく似ていると言われるぼくの顔を自分で指差し、
「アイアム ケンスキー トゥー」

と言うとホークは真顔に戻って

「ノー」

と否定した。ちなみに居酒屋は和民ではなかった。
posted by 幽谷マサシ at 22:16| 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。